再び見直される漢方治療

Home »  再び見直される漢方治療

現在の西洋医療の普及は1867年の明治維新によって急速に広まり、それまで主力とされてきた漢方による医療は次第に民間療法として追いやられてきた。
しかし、今でも医師が処方箋として漢方の処方をしてくれれば、健康保険として適用される漢方薬などもたくさんある。
町中のドラックストアーと健康保険で支給される薬の違いはこの点で、健康保険の適用とするには必ず医師の許可が必要で、医師から指示された薬と薬局で扱う薬の成分がまったく同じというのも珍しくはない。
また、最近は整形外科の分野で漢方を基本とした整体の治療を行うことが主流となっている。
この病院で行う整体治療は理学療法士という国家資格を得た者が施術を行い、正しく姿勢を矯正することでヘルニアなどの治療も今は外科的手術ではなく、整体治療が主流となっている。
この整形外科での治療は昔から病院の医師よりも整骨院などの方が評判が良く、机上の知識だけでは覚えられない指先の感覚は長い経験を必要とし、交通事故などのリハビリなどで評判の高い治療院も多くある。
今は、このような整体をする資格が様々あり、その違いは施術の違いというよりもむしろ国家資格と民間資格との違いで、町中の整骨院でも長く経験を積んだ優秀な技術者は多く存在する。

Leave your Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です